正和吉本の歴史|History

# 吉本せいの歴史 #

正和吉本の歴史の前に、吉本興業の百五年の元祖「吉本せい」の歴史をご紹介致します。
NHK連続テレビ小説「わろてんか」として放送もされ、今やお茶の間に笑いを起こさない日が無い吉本興業。
その吉本興業を作った「吉本せい」の歴史を時系列で紹介しています。

吉本せいの歴史

#明治22年(1889年)

1

12月5日、兵庫県明石市の林家にて
父・豊次郎と母・ちよの三女として誕生。

#明治43年(1910年)

2

大阪・荒物問屋「箸吉」の次男、
吉本吉兵衛(後に泰三と改名)と結婚。

#明治45年(1912年)

3

天満八軒のひとつ「第二文芸館」を買収、
寄席経営に乗り出す。

#大正10年(1921年)

6

1月、桂春団治が吉本の専属として
初席の高座に上がる。2月、興行主となり
「吉本花月連」と名乗る。

#大正6年(1917年)

5

せいの実弟・林正之助が19歳で
総支配人として入部。

#大正2年(1913年)

4

1月、大阪南区笠屋町に「吉本興業部」
を設立。翌年に掛けて次々と寄席を買収、
チェーン化する。

#大正13年(1924年)

7

2月13日、夫・泰三(39歳)が死去。
正之助が指揮を執り始める。

#昭和3年(1928年)

8

勅定紺綬褒章を受賞。
萬歳が人気を集め始める。

#昭和7年(1932年)

9

3月1日、吉本興業部を
「吉本興業合名会社」に改組。
せいは主宰者に就任。

#昭和18年(1943年)

12

2月13日、類焼した通天閣を解体、
軍需資材として大阪府に寄贈。

#昭和13年(1938年)

11

9月27日、通天閣を31万円で買収。

#昭和9年(1934年)

10

2月11日,節婦として大阪府から
表彰される。

#昭和20年(1945年)

13

空襲で多くの寄席や劇場を失う。
昭和22年(1947年)
次男・穎右が闘病の末、死去。

#昭和23年(1948年)

14

1月7日、「吉本興業株式会社」に改組。

#昭和25年(1950年)

15

3月14日、肺結核により死去。
享年60歳。

「わろてんか」吉本せいの生涯

# フォトギャラリー #

# 吉本家 家系図 #

吉本泰三とせい。吉本興業に入った2人の弟などの吉本家の家系図から
正和吉本 現社長 吉本 公一までの流れを紹介しています。

#

# 株式会社 正和吉本 #

「儲けの前にお客様に喜んでいただく」精神が絶対に必要。

#

Event Flow イベント開催の流れ

flow No.1

お問い合せ

ホームページのお問い合わせフォーム、お電話、
またはFAXにてお気軽にお問い合わせください。

flow No.3

企画・お見積もり

ヒアリングさせていただいたご要望に合わせ、
企画・お見積りさせていただきます。

flow No.5

開催日

開催当日は、イベントが円滑に進むよう、運営、演出を行います。
お越しになるお客様に喜んでいただけますよう、
スタッフ一同努めさせていただきます。

ヒアリング

イベントや、予定日、ご希望のタレント、対象者、趣旨、
ご予算など、お客様のご要望をお聞かせください。

flow No.2

制 作

企画が決まりましたら、当社にてタレント・芸人との
打ち合わせや、開催当日までの諸手配のご連絡を致します。

flow No.4
#

Contact お問い合せ

MAIL

お問い合わせ内容によっては回答にお時間が掛かる場合がございます。予めご了承下さい。

お問い合せフォーム

TELEPHONE

06-6281-0921

10:00 - 18:00(土日祝を除く)

電話を掛ける#